スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

7月, 2015の投稿を表示しています

静かな夕暮れ

子供ができるまでは、子供ってすぐに寝ると思っていました。昼でも夜でも、眠たければすぐに。
ところができてみると、全然寝なくって本当に大変。眠くなってくると、寝る代わりにぐずるからです。

今日は午後に子供ふたりを連れて義父母宅から買い物に出たら、探してたものがなくて、数軒回ってる間に日が暮れてしまいました。。。
最後の店を出てから、ようやく眠りについてくれました。

”あーあ、夕ご飯前なのに。。。”

まぁ、中途半端に起こしてもご機嫌斜めでやりにくくなるから、しばらく車の中で寝かしたままドライブに出るか。と、かつて住んでた場所の近くにある湖まで車を走らせたのでした。





静かな湖畔の佇まいとともに、私の車窓から見えた夕焼け。
こんな風にため息の出るような一瞬を日常に経験できるってすばらしい。





いつかは戻りたいと願ってる、大都会での暮らし。
TokyoやOsakaみたいに優れた便利さも、Parisのような小粋さも、LondonやNYみたいな刺激さえもないけど、Perthという街での自然との一体感も悪くない(笑)。






そういえば、オーストラリアに住むなんて思ってもみなかった遠い昔、占いのような本にこう書いていました。

私と縁があるDestination(行先)はオーストラリア。原住民とその文化が息衝いてる国。私はそういう場所で幸運を見つける。。。って。



Jowar Roti

昨日、テイクアウェイしたカレーに添えるJowar  roti(ソルガムを使ったブレッド)を作りました。これは西インドと中央インドで食べられてる、イーストなどで発酵させてない、平たいインド固有のパンです。発酵させてるパンは、皆さんもよくご存知のナーン。これはイスラムから影響を受けてるもの。


昨日の夜は、ただ焼いただけのプレーンなのを作りましたが、今日のランチにはガーリックバターにパセリを散らしたものを塗って。まぁ、いちおう私のオリジナル(笑)。
カチカチに見えるけど、とってもやわらかくておいしいですよ。
ソルガム粉、オリーブオイル、塩、熱湯だけで作るから、味そのものは薄いけど、スパイスの効いたカレーを包んで食べるのでよく合います。

息子はすかさず手を出して食べていました。小麦粉アレルギーだからこれは安心。まだ2才なのに、手でちぎって食べていておかしかった。

オレンジマーマレード

義父母の家で生ったオレンジが、酸っぱくて数が食べれないので。。。 マーマレードにして人にあげようと思って作ったら、9瓶できました。



うちでは誰も食べないけど、ちょっと食べてみたらやはり手作りのおいしさを実感。
果実が断然多いし、まさに天然のオレンジの香り。

ゆず茶みたいにお湯に溶かして飲んだり、スパイスを効かせたモロッコ風肉料理にも使えそう。。。やっぱり1瓶置いとこか(笑)。

スビアコのお茶専門店

先日、私がティーを買いに入ったムレスナティー専門のお店。 切らしたカモミールティーを買いに行きました。

私がパースに住み始めた頃、義母が面白い店だからと連れて行ってくれたのが初めてで、それから数回買いに行っただけですが、私がここで買うお茶はいつもピーチアプリコットティーと決まっています。

ちょうど義父母宅へ遊びに来たので、ふと、ここのだったらカモミールティーもおいしいかもしれないと思って、ついでにのぞいてみました。


「箱に入ったのは全部出てしまったわ。バラ売りだったらできるよ。」とのことで、バラで分けてもらいました。「何個要る?」と聞いておきながら、勝手に「10個?」と言うので、結局10個(笑)。








ご覧の通り、対面販売のお茶専門店なんです。今時、なかなかいい感じでしょう?
カウンター越しにどうぞ(笑)。なんとなくはずかしい。

木箱に入ったいろんな種類の紅茶があって、お土産やちょっとしたプレゼントにも最適。紙箱に入った家庭用タイプのもあります。




まったく想像のつかないフレーバーが結構あって。。。でも、こうやって写真にしたらゆっくり見れて、ピーチアプリコット以外のも試したくなりました(笑)。
ちなみに、みなさんは普段どんなお茶が好き?


店の造りのせいか、家具のせいか、はたまた店の暗い感じのせいか、アジアと欧米が融合したような雰囲気が漂う店内でのお茶選びは異空間で心地よく。。。懐かしい感じもするので、タイムトリップしたみたいな気になったり。。




「私さえ写ってなかったらいいよ。」と写真も撮らせてくれました。 寒い季節になると、つい入りたくなってしまうお店のひとつです。