スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

10月, 2015の投稿を表示しています

しんどい日も多いけど(笑)。。

世界一好きな後ろ姿。

向こう側に見えてるのが新しい家。 完成がたのしみです。

しっ、しんどい。。。

昨日から始まったハラスメント。 「マミー、早く作って!」 作ったらすぐに「ほかのを作って!!」と。。。

作ってる間、横からパーツをひったくるわ、体をすり寄せて圧迫するわで、結局あまりに興奮しすぎて、本人ソファーから仰け反って落ちまして、もうこの日は3台目で打ち切りとなりました(笑)。




型からくり抜いて作る紙の電車なんですが、子供のおもちゃではないから、こんなに喜ぶとは思ってなかったんですよ。そして意外にも部品がリアルで、細かい工作なので、決して不器用ではないわたしでも時間がかかり、自分で買っておきながら買わなきゃよかったと後悔しました。


けれど、素敵な本なのは間違いないです。世界中の電車の図鑑でもあり、そのうち旦那に「読んで!」と言うようになるかもしれないけど、それまでにいじくりまわされた紙の電車はボロボロになって、消えて無くなっていそうです。しかしパフェクショニストな一面もあるので、期待しましょう(笑)。




奥の新幹線がいちばん気に入ってるみたいです。昨日早速、すでに”ぐにゃ”っとなってしまった前輪をテープで補修してくれと注文がありました。



Bread in common

パースのレストランで今一番気に入ってる、 フリーマントルにあるベーカリー&レストランの ブレッド イン コモン。

食べ物もおいしいんだけど、 昔、倉庫だった場所を改装してできたような、 インダストリアルな内装がとってもクールなんです。

もともとベーカリーなので、正面にベーカリーが入ってます。 レストランでも、ここで焼いてるパンがオーダーできるので、 わたしはいつも食事と一緒に。

特にパン派ではないんですが、今の時代に、あえて薪で火山岩でできた釜を焚くという原始的な方法で焼かれてるので、滋味溢れるパン。




わたしは毎回バギーで来店してますが、ほかのお客さんに迷惑にならずに悠々に停めれるテーブルがあるなど、気に入ってる点はいろいろ。。。こんなにおしゃれなレストランですが、いつも気を利かせてくれて、子連れフレンドリー(笑)。




メニューは頻繁に入れ替えられてるみたいで、今回オクトプス(たこ)と豆のなんとかスパイスという料理(つまり名前を全然覚えてません。笑)を頼んだのですが、びっくりするようなプレゼンテーションで出てきました。

たこはしっかりと繊維が断ち切られ、柔らかく、味付けもスパイスとレモンの酸味が効いていて、とても洗練された味がしました。たこの足をイメージしたと思われるクラッカーのようなものでさえおいしくて、非の打ち所がないといった感じ。

”おいしいがただふつうにおいしいではなく、うわぁっという驚きが必要でしょう”と言ってた、料理人の村田吉弘さんの言葉を思い出しました。
正直、旦那と来てもあまり楽しくないので(笑。今回も旦那と来ませんでしたが)、今度はえりこちゃんを誘って来たいです。






帰りにフリーマントルに来たら必ず寄ってしまうCheepで、ピンクのリブハイネックと靴下を買ってしまいました。12ドルなり。