スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2017の投稿を表示しています

きれいな文房具は好きですか?

おしゃれなマニラホルダーとノート。 まさに事務用という感じの固いのものではなくて、 こんな華やかなものが机にあると気が晴れます。


先日用事があって、雨の中、すごく久しぶりにスーツを着て出かけました。
スーツはZARAで買った15年以上も前のものだし、バッグも靴も普段から愛用してるオーソドックスなものですが、持ち物の文房具をアップデートしただけで、新鮮な気分になるから驚きです。 意外と小さな持ち物にこそ、気持ちの余裕や品が表れるのではないかとおもいました。つまり、日常どれだけ意識が細かいところまで向いているかということ。
ボロボロの汚れたファイル持ってる人VS綺麗なファイルを持ってる人。かかとの磨り減った靴を履いてる人VS古くてもきちんとかかと修理された靴を履いてる人。などなど。。よく考えると、ビジネスで人前に出るときは、実は人目に付きにくい部分にいちばん素が出るかもしれないなぁと。
文房具やデスク周りの小物、インテリアなどを扱うTYPOというお店で買いました。いつも学生のお客さんたちで賑わっていますが、私も文房具というものを見直そうかと思うぐらい素敵なものがたくさんあって、楽しめます。


ビビンバサラダ

今日のランチに持って行った、メイソンジャービビンバサラダ。 ビビンバをサラダ感覚で!

メイソンジャーといっても、子供達のはジャムの空き瓶を再利用したもの。口が狭くなってない瓶でないと食べにくいので、この瓶が最適だとわかりました。
もともと私はプラスチック容器が苦手です。子供の離乳食も初めから陶器で食べさせてたほどです。ガラス器や陶器は清潔だし、食べ物も実際おいしいと思います。
横から材料が層になって見えるのが、ほんときれいだと思います!



宝石のような

一番いい、この映像。30年前の映像とは思えない。

音楽、ルックス、ファッション、 すべてにおいて究極に洗練されたものを、見て、聴いて、感じている。 後ろ姿が、尾崎豊の人格を保証している。 見たまま、感じるまま、信じてよいのだよと。

心意気を見せてくれて、ありがとう。 一生かかっても、そこへは到達しないだろう。 だけど、誰も誰かのようになる必要などないよね。
ただ、いつでも限りなく近づいていたいような気がする。


すみれと真珠

世界基準で美しい人たち。 トゲのないきれいさと、はつらつとした雰囲気、自然体がカッコイイ2人を紹介します。

まず体づくりが美には欠かせません。アスリートでも、モデルでも、普段体を鍛えてる人は、洋服を着た時でも全然違います。





スミレのインスタ https://www.instagram.com/p/BOzVqzlBCAD/?taken-by=sumire808



野沢直子さんの娘の真珠さん。 こんなにキレイな人を格闘家にしたお母さんの勇気がすごい。 相変わらず、個性的です(笑)。 きっと、ものすごく柔軟な頭を持ってるんですね☺️


Juju Auclairのインスタ https://www.instagram.com/shinju_auclair/




わたしも昔、兄が子供の頃に習ってた少林寺拳法の道場に見学に行った時、キレイな女の子を多数発見して感動したことがあります。
自分もやりたかったけど、勇気がなくて、結局やらずに年を取ってしまいました。
だけど今ならできそうな気がするし、むしろやりたくて、息子や娘と一緒に武道をやることをひとつの夢にしています。

息子や娘には、体力をつけて自信を手に入れて欲しいと思っています。その自信は、勉強や経験で得た知識と同じで、誰もそれらを彼らから奪うことができません。それは生涯にわたって身につけるもので、それによって逆境にも負けない強靭な精神をも培うことができます。

そろそろ息子にそういったことを教えとかなきゃなと思い、「スポーツすると体が強くなるのよ。大きくなったらマミーみたいに走ってもいいし、なんでもいいからね。」って、そんなことを子供に話すのに、わたしは日々運動を続けています。。。

娘はもしかしたら自ら格闘家を志願するでしょうか。体も丈夫だけど、非常に気が強くて、向いてるかもと思う今日この頃です。


謎の3日間

火曜日の朝、目が覚めると、ベッドに横たわってる自分が鏡に映っている。 そばに置いてあったメガネをかけてみたら、

’この人、、、誰?’。


わたしの横に寝てる娘は、確かに娘なのだけど、 その隣で横たわってるのは、私の知る私ではない。
あまりの変容を見てショックを受けるも、言葉が出なかった。


まぶたが腫れ、鼻をまたいでシンメトリーに真っ赤な湿疹が帯状に広がっている。 顔はこの世のものと思えないほど恐ろしく腫れ上がって、わずかな熱を含んでいた。

’私、なにがあったの?’


一夜にして自分でなくなった自分の顔を鏡越しに見つめ、しばらく考え込んでいた。


’一体、なにをしてしまったんだろう?’


その前夜は、確かに通常の夜ではなかった。その2日前ぐらいから、自分の免疫システムのバランスが崩れ始めてるのに気付いた。このところ体の異変の察知が速い。


何かに対する過剰なアレルギー反応か、はたまたストレスか。。。

2日目は、もう目が半分も開かなかった。
それでも、自己流で治すか、放っておいたら治るだろうと思う根性がすごいんだ(笑)。もちろん、皆から反対されて。。。。


結局、病院で診てもらうも原因不明。
だけど旦那の両親が、この3日間全力でサポートしてくれた。

お医者さんに診てもらっていた時、ある会話の中で「子供は私よりも大事な存在だから」と私が言うと、義父は「君が元気でないと。君が幸せでないといけないんだよ、誰よりも。」と。
私の母もよく言ってた言葉だった。


私は幼い子供にとって”命をつなぐ人”で、 旦那の両親にとっても、家族みんなを沈没から守る”命綱”だという意識を 今改めて強く持つようになった。


私は旦那と義父母と出会ってから、みんなで力を合わせて、心を一つにして、たくさんの困難を乗り越えてきたと思う。自分の両親の元では味わうことのなかった苦い経験を義父母と味わったことが、とても感慨深い。







かっこよすぎるスポーツウェア

最近のスポーツウェアがおしゃれでセクシー。 色もどれもシックな感じです。

使ってた古いパンツは股上が浅すぎて(ずれてきて)運動しにくかったので、セールで値段が下がったところで、一気に新しいのに買い換えることにしました。




素材がいいのはもちろんのこと、パンツは両方ともところどころメッシュで切り替えていたり、腰の後ろに小さいジッパーが付いていたりと(私は家の鍵を入れようかと)、デザインが凝っているのに、日本円で1000円ちょっとのお手頃価格でした。若い時はローライズでもオッケーだけど、体型が変わった今はハイウエストのスポーツウェアがマストです。
一日の時間が今以上に運動で消費されないよう、ランニングはもう距離をのばさないで、時間を少しずつ縮めていくようにがんばっています。長い時間ダラダラ走って体に負担をかけるより、断然その方が筋力アップにもなりそうです。



食への執着がすごい

天然鮭を見つけて、、、

さっそく、塩鮭に加工。

とにかく連日、鮭ざんまい(笑)。

焼いてシンプルに食べたあとは、
フィッシュ&チップスや、
海鮮チゲ鍋 andラーメン?や、
残りをフレーク(弁当用)にして、2日で9切れを使い切りました。




チゲが好きな義父にも、鍋ごと作ってどっさりあげました。


ニュージーランド産の塩水保存されてる生うに。 オーストラリアでは食す習慣がないけど、ニュージーランドはマオリがウニを食べるんだそうです。
そういえばこの前、お弁当にウニの軍艦巻きを持っていくという 前代未聞のことをしました。。。 思ったより、保ちます。←そんな問題でないか。

長い間日本を離れていても、日本人独特の食への好みだけは諦めきれないもんですね。

継続心

継続心。


いつからか、なにかを継続することを諦めたわたしは、
毎日走ることで、今その大切さを身に沁みて感じています。




アウトドアでのランニングは、思ったよりきびしいです。
ジムのトレッドミルで走るのとは違い、時に太陽が熱く照りつけ、風が息を切らせます。歩いてたらなんてことない地面のわずかな凹凸が、下半身の負担になります。

だけど、今のわたしが毎日ジムに通うってことは到底できないので、ごくごく限られた時間の枠内で行動を起こすしかありませんでした。その決意の固さは、一日も休まない姿勢に表れ、日増しに伸びていく距離に表れました。

初めて間もないけど、もう生活の一部です。
不足してたものが、今やっと全部揃った気がします。




コーヒースクラブ

私のベスト・スキンケアプロダクト。 自然界に、こんなにいい香りがあった! 脱・人工香料宣言。

コーヒーは、一日に一杯も飲むか飲まないかの生活をしていて、飲みたい衝動に駆られることもほとんどないけど、コーヒースクラブというコーヒー豆が原料のボディースクラブに、とことんはまっています。
コーヒー豆の挽きたてのあの芳醇な香りに体が包まれることで、リラックス効果が期待でき、一日の疲れや心の緊張から解放されます!

実はコーヒー豆はスキンケアとして使うのにも良いらしく、セルライトを落とす効果があるらしいのですが、私としては乾燥した肌に擦り込んで、付着した花粉を落としたり、古い角質を落としたりして、肌の活性化を促すために使うのが気に入っています。




昨日、そのコーヒースクラブ(の簡単バージョン)の無料のワークショップがあると友人から聞いたので、サクっと一人で行ってきました。

西オーストラリア発のスキンケアブランドであるクリーンスレートは、オーナーがすべてのプロダクトを自らの手で作ってる会社なので、ワークショップでも直々につくり方を指導してくれました。画像には写ってないけど、私よりもずいぶん若い女の子でした😮

作ったものは、お洒落なロゴ入り紙バッグに入れて持ち帰りさせてもらえ、レシピももらえ、まぁ売ってるものよりもかなりシンプルなバージョンではあったものの、こんなに気に入った商品だから、今後は自分で作れると思うとうれしかったです。

https://www.instagram.com/cleanslateskincare/



ワークショップはコールドプレスのジュースのお店で。ジュースの他に、パック詰のパレオランチやクリーンスレートのスキンケアプロダクツを扱ってます。日本でもジュースクレンズをやってる人がいますが、オーストラリアでも健康志向の人の間で流行っています。まぁ、欧米のトレンドは、ほぼ全部アメリカから来たものですけど。

帰りにStrawberry Fieldsという名のジュースを一本持ち帰ったんですが、喉を通った瞬間に「おいしい〜〜!!」。
プレスした数種の果実の組み合わせがすばらしく、今まで飲んだことのないようなおしゃれな味でした。



Pressed Earth

5/24 Quentin's Ave
Claremont WA


天才

4才になったばかりの息子に聞いてみた。
「運動してるマミーと運動してないマミーのどっちが好き?」
「運動してるマミー。」
「なんで?」
「わからない。」
笑。
「よし、じゃあがんばって毎日続けるよ。」
「うん。」
笑。

母親が元気=ずっと生きていてくれる、 と本能でわかってる。たぶん。


わたしは、ほんとうに尾崎豊に憧れている。 いろんな意味で感銘を受けている。
キラキラとした汗を流して、自分らしく、まっすぐに、 そして一生懸命に生きていきたい。 わたしには、それ以上に、意味のある生き方なんてない。





ロー・ヴィーガン ・ラズベリーチーズケーキ

あまったケーキ材料で作ったヴィーガンのラズベリーチーズケーキ。 チーズケーキといっても、乳製品を一切使わず、 カシューナッツとココナッツミルクがベース。 ポイントはレモンとバナナ。

素材一つ一つが味わえて美味しい。。 素朴、ヘルシー、言うことなし!





ロースウィーツは最近日本でも人気ですが、ロー(生)のいいところは、加熱しないから、材料に含まれるすべての栄養素が生きてるってことです。
ちなみにケーキの上に飾ってるバラは、私が育てたアンリマティスというバラで、ラズベリーの香りが。。。まさに夢の共演😍




マーガレット・ザン

ファッション雑誌を買ったのは何年振りだろう。。
と思いながら買った、オーストラリア版エルの今月号に、私が気になっているファッションフォトグラファーのマーガレット・ザンの特集が組まれています。
私がマーガレット・ザンのことを知ったのは1年ぐらい前のことですが、ある日偶然たどり着いた彼女のインスタを見たとき、心が躍るような喜びをもらいました。
こんなにセンスのいい人、生まれてはじめてみた! ぐらいの強い感動と衝撃。
被写体として見たもの、彼女が着てるもの、彼女自身のルックス、 すべてが私のど真ん中で、一気にそれらの魅力に引き込まれました。

https://www.instagram.com/margaret__zhang/


ちなみに、マーガレット・ザンは、中国系オーストラリア人で、フォトグラファー/スタイリストという肩書きを持っている弱冠24才の女の子ですが、実は、はじめはファッションブロガーとして徐々に名を知られるようになり、ブログをスタートしてから8年経った今、強力なファンに支持され、インスタなどのSNSを通じて、ファッション業界に旋風を巻き起こすまでのソーシャルメディアのスターに上り詰めました。今では有名ファッションブランドとのコラボで仕事を企画したり、はたまた自身がモデルとして登場したりと、世界中を飛び回っているそうです。
そんないわゆる、かつては大学で法律を学んでたような、知的ながらも、ふつうの女の子がエルの雑誌の表紙を飾ったのです。 この表紙も、マーガレット・ザンの実績にちなんでか、もしかしたらエル史上初の試みでしょうか?なんとアイフォンで撮影したものです。(というより、ただ単にアップルの宣伝でしょうが!)。
ところが、今回の表紙の衣装なんですが、ちょっと辛口コメントですみません。 ぜんぜん似合ってないと思うのです😞 彼女自身がコーディネートしたものでは絶対にないだろうなと、表紙を見た瞬間に思ったので、チェックしたらやっぱりそうでした。
たとえソーシャルメディアで有名だとしても、多分ほとんどの人が知らないマーガレット・ザンの写真が表紙で、おまけに似合ってない服を着てるのは、インパクトが薄すぎるとおもうのですが。スターなら、目を見張るぐらいのスターらしい衣装で表紙を飾り、それを世界一おしゃれで遊ぶのが上手な彼女自身にコーディネートしてもらいたかった〜!

ま、…

豆乳ガナッシュ

これは前回の投稿の影響? 急に可愛いケーキを作りたくなって。。。
ヴィーガン グルテンフリー ラズベリーカップケーキに、 豆乳を使ったガナッシュで仕上げ。 食べてみたら、まさかの、ほんのり豆腐の味がするケーキ😆
娘の誕生日?いえいえ。経験と練習を兼ねて、 日本へ本帰国する人へのお別れ会に持参してみました。

ガナッシュの方は、まぁ美味しかったのですが。。。 生地の方が、この前ふわふわケーキの作り方を習得したにもかかわらず、ちょっと楽しようと手抜きをしてしまい、ぼそっとした仕上がりに。一口食べたあと、頭の中で後悔がぐるぐる回っていました😣 私は手抜き料理で美味しい料理とかは一切信じてなくて、それなのにやってしまった失敗なので、二度としないよう自分に言い聞かせました。



このカップケーキを持って行った先は、娘のプレイグループ。 メンバーは、ほとんどが駐在員の奥様と子供で構成されていて、ここでの任期を終えると、皆次々と本帰国します。今のところ、出会いと別れの間隔がとても短いのですが、常に見送る側の私にとって、そのうちに寂しい別れも来るのかなぁと思う、今日この頃です。

ハート型のお皿

ロイヤルアルバートのミランダカーコレクションのお皿を プレゼントとしていただきました。
とてもエレガントで、白黒が基調のキッチンにモダンな感じで映えます。 うちにすでにあったロイヤルアルバートのケーキ皿との相性もバッチリ👌



パースに来て10年目。 これをくれたのは、ここで知り合ったもっとも古い友人のうちの一人です。 私にと、この一点を選んでくれた友人カップルの心遣いは、 いつでもファーストクラス!



エレガントに盛ることの心得

ベニスの街角で口にしたSalami Milanoに恋して。。

あれ以来、サラミが大好きになった。
それにしても、先日の息子の誕生日パーティーで余った、アンティパスティ系の食べ物が、冷蔵庫から消化しきれず困っている。塩分が高い上に、太るからできるだけ食べないようにしてるチーズも、恐ろしく残っている😱 なので、お昼ご飯として食べたり、仕事から帰った旦那に出したり、運動前後に軽くつまんだり。サラミだけでも、まだ70枚近くも😵
脂肪分の高い食べ物は、お皿にどっさりと盛らずに、ちょっとつまみたい感までに止めるために、エレガントに盛るに限る。
けれどこの前、ブルーチーズやサラミをバックに詰め込んで、チーズナイフまでも持参し、公園でママ友と話しながらのお一人様ミニ アンテパスティをして、ふと感じた。 そんな日もなかなかいいなぁと。 私はアンティパスティが特別好きなわけじゃないけど、こういう優雅な感じの空気に包まれるのがとても好きだった!



全てにおいて、制限することで、ギスギスしてしまうことがある。 ときに、indulgence(たっぷりおいしいもの食べ)や、美食を楽しもうという姿勢でいることは、潔く、うつくしい人をつくる。
大事なのは、きっと、この両極端を維持するバランスなんだろう。そしてこのバランスを保つということが、ほんとうに難しい。。




衣食住+運動=パーフェクトな生活の基礎

私のお気に入りのBotanical Cuisineのヴィーガンチーズ。 詳しい記事はこちら

発酵させたカシューナッツから作られてる、クリームチーズに似せたスプレッド。 酸味が特徴で、ややマヨネーズにも似てるし、似せた大本のクリームチーズ以上に美味しいもの。栄養価の方も、上の二つは???だけど、これはそれらに比べてだいぶ期待できる。 値段は高いけど、一度食べたら、もうこれしか口にしたくないというコクとヘルシー感。パッケージングも瓶であるところが、私的に◯。プラスティックに入ったものは、食欲がわかない。 きれいな製品は気持ちが良い。



4日前から、4年ぶりの家トレ+ランニングを始めて、自ら取り決めたことに対して努力してる自分が好きだと実感。この自分への約束を破らずに、もう二度と長期中断したりせずに、コツコツやっていきたい。
そんな風に思ってから、ふと冷蔵庫を開けたら、中身が???な材料のものを減らしていこうとか、運動の疲れは、その後どうやら疲労として蓄積しないらしく、帰ってすぐ掃除を始めたりとか、または急にあれこれ余計なことを考えなくなったりとか、自分の体に気を使い始めた途端、機敏になり、身が一段と軽くなった。

やっと、やっと、重い腰があがった!


Less is more

試作を何度か重ねて、ようやく自分好みの味と甘さになった、ヴィーガン・グルテンフリーチョコレートmuffinが、私以外の人たちにも好評だったので、これにて試作は終了。
結局、ごてごてしたアイシングに味を決定させるのが嫌で、もっとシンプルにチョコレートのみを味わえる一品をと。余分なものを取ったら、カロリーも抑えれました。本当に体にやさしいってことが、一口食べたらわかります。
しかし何度か作ってると、味見するのに自然と口に運ぶ回数が増えるので、あっという間に体重が😓

そういえば、昨夜は早めにコンピューターを消して、映画鑑賞することに。 グレースケリーが出てる『裏窓』というサスペンスを見ましてね。
始まった途端、セットが私好みで、カメラの動きもまた味があって、まるで消灯したようなカットの仕方など、演劇場で見てるような感じが、すごく落ち着く映画です。



グレースケリーのオーラと言ったら、もはや単なる”美しい女優”というレベルではなくて、”人間界が生みだした完璧なもの”、のような人。
顔の色艶がよく、髪は健やかで、身のこなしは軽く、骨格も歪みなくしっかりとしており、美のオーラは、まさに健康オーラ。

背中のカットが大胆なドレスや、上のパールのチョーカーネックレス使いなど、ファッションのアイデアも満載でした。







英語で、『Less is more』っていう言い回しがあります。日本語でも使うシンプル・イズ・ベストと似た表現ですが、必要以上の分はいらないし、むしろ減らすことに美学があるわけです。

自己ルールで自己管理

こうやって写真を撮ると、 日本に居てるときより、 日本の食べ物を食べてるときがあるんだなと、気付きました😆 冷蔵庫に眠ってたものを集めただけで。。。


ある日の、こんな純和食のお昼ですが(しかも限りなく菜食に近い)、 朝は、この前作ったヴィーガンのチョコレートカップケーキと紅茶だけでした。 もし冷蔵庫にケーキがあれば、朝ごはんとして食べる、というルール。 もちろん、家の冷蔵庫には、あるとすれば、自分が作ったケーキしか入っていませんが。

年になると、何を食べるかも気をつけないといけないのですが、それプラス、どれだけ食べるかや、どの順序で食べるか、そして何時までに最後の食事を切り上げるかも大事だと思うようになりました。 特に食べることが好きな私は、何かを絶対に食べないというカテゴリーのある食主義に属するのは嫌で、また正常な体が、状況によって時に欲するものというのがあり、それを抑えて完全に除去するのは不自然なことだとも思うので、何をどの順序で食べるか、これが体重管理にしても、結構大きなポイントだと思っています。
ケーキは朝から。これ、意外と朝からハッピームードにも貢献してるように思います😊1ヶ月に1度ぐらい、やってもいいなと。これも自己ルール。

Love Knot Bangle

「ついにあなたのものですよ」
と店員さんに言われて、 日本人はこういう表現はしないな〜と思いました😄 現に2度もお店に足を運び、私の顔を覚えてたらしいので。

ほかにも好きなデザインのがありましたが、ひとつで十分な存在感のある、これを選んで良かったです。 ほかのは、同じデザインの色違いので重ね着けできるように、その方が素敵に見えるように考案されているので、あとあと、もっと欲しくなってしまうようなトリックになってるのです(と、少なくとも私は思っています)。





ジョージジェンセンのデザインは、 女性的というより、どちらかといえば男性的なイメージ。
すっきりとしたデザインは、身につけてる人より目立つというようなことはなく、 私のような骨細の小柄なタイプにちょうど合う気がします。 会社の会長が、まさにブランドイメージを物語っています👏

David Chu



ヴィーガン チョコレートカップケーキ

参考にしたレシピ

うまい! それに、素晴らしくヴィーガン。 だけど甘すぎる。

せっかく手作りするのだから、美味しいだけではもったいない。 体にも優しくなくては。