スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

11月, 2012の投稿を表示しています

ブラジルから届く。。

久々の更新となりました。
先月の誕生日、ブラジルの友人がカードと雑誌の表紙を送ってきてくれました。私が以前モデルのアドリアーナリマが好きだと言ってたのを覚えていてくれて、前回のスペイン版ヴォーグと合わせて今回で2度目のプレゼントとなりました。



しばらくそのままデスクの上に置いて眺めていたのですが、紙のまま置いておくのがもったいないくらい迫力があるので、フォトフレームに入れました。

はじめはバロックフレーム(複雑で大胆な彫刻を施したやつ)に入れようと思ってたのですが、意外と選んだこの枠の方が高級感があって合ってるかなとおもいました。カメラのフラッシュでぴかっと銀色に光っていますが、実物は燻しがかった銀で北アフリカ風のエキゾチックな雰囲気があります。
まさに枠で最大効果あり。




この友人が近々オーストラリアに住むことになるかもしれないのです。東海岸にある大学の、大学院に入ろうとがんばっています。10年振りの再会が実現するかもしれないと胸が躍りました。彼女もこれを機に会えるのを楽しみにしてくれているようです。この長い年月の間、一番遠くに居て、心情的に一番寄り添ってくれた大切な人でした。


”そっちからパースまで飛行機で5時間ぐらいかかるよ”と言うと、”でもブラジルからよりはうんと近いわよ!”と。確かに地球の裏側からだったらね(汗)。何せ飛行機嫌いな私。心狭いね。はずかし(笑)。


近々スカイプでも話そうかと言っていて、大体の日取りも決めました。
なぜこんなに仲がいいのに段取りをするのかと言いますと、長い間メールやハガキだけの付き合いでシャイになってしまったから。驚くなかれ、かつては日本の銭湯にも一緒に入った仲。。。
10年前に、私がブラジルへ帰る彼女に企画した”ホンモノの日本を満喫するツアー”の一環にお風呂屋というのを入れました。一泊二日の予定表を作って、”来週はこれとこれとこれをするから楽しみにしてて”って言って、予定表のコピーを渡しました。今思えばどんだけ強引(笑)。
でもたぶんそんなんがあって、今も縁が切れないんだとおもいます。

来年は同じ大陸で住んでいるのでしょうか。