スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

きれいな文房具は好きですか?

おしゃれなマニラホルダーとノート。 まさに事務用という感じの固いのものではなくて、 こんな華やかなものが机にあると気が晴れます。


先日用事があって、雨の中、すごく久しぶりにスーツを着て出かけました。
スーツはZARAで買った15年以上も前のものだし、バッグも靴も普段から愛用してるオーソドックスなものですが、持ち物の文房具をアップデートしただけで、新鮮な気分になるから驚きです。 意外と小さな持ち物にこそ、気持ちの余裕や品が表れるのではないかとおもいました。つまり、日常どれだけ意識が細かいところまで向いているかということ。
ボロボロの汚れたファイル持ってる人VS綺麗なファイルを持ってる人。かかとの磨り減った靴を履いてる人VS古くてもきちんとかかと修理された靴を履いてる人。などなど。。よく考えると、ビジネスで人前に出るときは、実は人目に付きにくい部分にいちばん素が出るかもしれないなぁと。
文房具やデスク周りの小物、インテリアなどを扱うTYPOというお店で買いました。いつも学生のお客さんたちで賑わっていますが、私も文房具というものを見直そうかと思うぐらい素敵なものがたくさんあって、楽しめます。


最近の投稿

ビビンバサラダ

今日のランチに持って行った、メイソンジャービビンバサラダ。 ビビンバをサラダ感覚で!

メイソンジャーといっても、子供達のはジャムの空き瓶を再利用したもの。口が狭くなってない瓶でないと食べにくいので、この瓶が最適だとわかりました。
もともと私はプラスチック容器が苦手です。子供の離乳食も初めから陶器で食べさせてたほどです。ガラス器や陶器は清潔だし、食べ物も実際おいしいと思います。
横から材料が層になって見えるのが、ほんときれいだと思います!



宝石のような

一番いい、この映像。30年前の映像とは思えない。

音楽、ルックス、ファッション、 すべてにおいて究極に洗練されたものを、見て、聴いて、感じている。 後ろ姿が、尾崎豊の人格を保証している。 見たまま、感じるまま、信じてよいのだよと。

心意気を見せてくれて、ありがとう。 一生かかっても、そこへは到達しないだろう。 だけど、誰も誰かのようになる必要などないよね。
ただ、いつでも限りなく近づいていたいような気がする。


すみれと真珠

世界基準で美しい人たち。 トゲのないきれいさと、はつらつとした雰囲気、自然体がカッコイイ2人を紹介します。

まず体づくりが美には欠かせません。アスリートでも、モデルでも、普段体を鍛えてる人は、洋服を着た時でも全然違います。





スミレのインスタ https://www.instagram.com/p/BOzVqzlBCAD/?taken-by=sumire808



野沢直子さんの娘の真珠さん。 こんなにキレイな人を格闘家にしたお母さんの勇気がすごい。 相変わらず、個性的です(笑)。 きっと、ものすごく柔軟な頭を持ってるんですね☺️


Juju Auclairのインスタ https://www.instagram.com/shinju_auclair/




わたしも昔、兄が子供の頃に習ってた少林寺拳法の道場に見学に行った時、キレイな女の子を多数発見して感動したことがあります。
自分もやりたかったけど、勇気がなくて、結局やらずに年を取ってしまいました。
だけど今ならできそうな気がするし、むしろやりたくて、息子や娘と一緒に武道をやることをひとつの夢にしています。

息子や娘には、体力をつけて自信を手に入れて欲しいと思っています。その自信は、勉強や経験で得た知識と同じで、誰もそれらを彼らから奪うことができません。それは生涯にわたって身につけるもので、それによって逆境にも負けない強靭な精神をも培うことができます。

そろそろ息子にそういったことを教えとかなきゃなと思い、「スポーツすると体が強くなるのよ。大きくなったらマミーみたいに走ってもいいし、なんでもいいからね。」って、そんなことを子供に話すのに、わたしは日々運動を続けています。。。

娘はもしかしたら自ら格闘家を志願するでしょうか。体も丈夫だけど、非常に気が強くて、向いてるかもと思う今日この頃です。


謎の3日間

火曜日の朝、目が覚めると、ベッドに横たわってる自分が鏡に映っている。 そばに置いてあったメガネをかけてみたら、

’この人、、、誰?’。


わたしの横に寝てる娘は、確かに娘なのだけど、 その隣で横たわってるのは、私の知る私ではない。
あまりの変容を見てショックを受けるも、言葉が出なかった。


まぶたが腫れ、鼻をまたいでシンメトリーに真っ赤な湿疹が帯状に広がっている。 顔はこの世のものと思えないほど恐ろしく腫れ上がって、わずかな熱を含んでいた。

’私、なにがあったの?’


一夜にして自分でなくなった自分の顔を鏡越しに見つめ、しばらく考え込んでいた。


’一体、なにをしてしまったんだろう?’


その前夜は、確かに通常の夜ではなかった。その2日前ぐらいから、自分の免疫システムのバランスが崩れ始めてるのに気付いた。このところ体の異変の察知が速い。


何かに対する過剰なアレルギー反応か、はたまたストレスか。。。

2日目は、もう目が半分も開かなかった。
それでも、自己流で治すか、放っておいたら治るだろうと思う根性がすごいんだ(笑)。もちろん、皆から反対されて。。。。


結局、病院で診てもらうも原因不明。
だけど旦那の両親が、この3日間全力でサポートしてくれた。

お医者さんに診てもらっていた時、ある会話の中で「子供は私よりも大事な存在だから」と私が言うと、義父は「君が元気でないと。君が幸せでないといけないんだよ、誰よりも。」と。
私の母もよく言ってた言葉だった。


私は幼い子供にとって”命をつなぐ人”で、 旦那の両親にとっても、家族みんなを沈没から守る”命綱”だという意識を 今改めて強く持つようになった。


私は旦那と義父母と出会ってから、みんなで力を合わせて、心を一つにして、たくさんの困難を乗り越えてきたと思う。自分の両親の元では味わうことのなかった苦い経験を義父母と味わったことが、とても感慨深い。







かっこよすぎるスポーツウェア

最近のスポーツウェアがおしゃれでセクシー。 色もどれもシックな感じです。

使ってた古いパンツは股上が浅すぎて(ずれてきて)運動しにくかったので、セールで値段が下がったところで、一気に新しいのに買い換えることにしました。




素材がいいのはもちろんのこと、パンツは両方ともところどころメッシュで切り替えていたり、腰の後ろに小さいジッパーが付いていたりと(私は家の鍵を入れようかと)、デザインが凝っているのに、日本円で1000円ちょっとのお手頃価格でした。若い時はローライズでもオッケーだけど、体型が変わった今はハイウエストのスポーツウェアがマストです。
一日の時間が今以上に運動で消費されないよう、ランニングはもう距離をのばさないで、時間を少しずつ縮めていくようにがんばっています。長い時間ダラダラ走って体に負担をかけるより、断然その方が筋力アップにもなりそうです。



食への執着がすごい

天然鮭を見つけて、、、

さっそく、塩鮭に加工。

とにかく連日、鮭ざんまい(笑)。

焼いてシンプルに食べたあとは、
フィッシュ&チップスや、
海鮮チゲ鍋 andラーメン?や、
残りをフレーク(弁当用)にして、2日で9切れを使い切りました。




チゲが好きな義父にも、鍋ごと作ってどっさりあげました。


ニュージーランド産の塩水保存されてる生うに。 オーストラリアでは食す習慣がないけど、ニュージーランドはマオリがウニを食べるんだそうです。
そういえばこの前、お弁当にウニの軍艦巻きを持っていくという 前代未聞のことをしました。。。 思ったより、保ちます。←そんな問題でないか。

長い間日本を離れていても、日本人独特の食への好みだけは諦めきれないもんですね。