スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

1月, 2017の投稿を表示しています

リラクゼーションアイテム

子供が寝静まった後のリラクゼーション。
インターネットをしたり、 娘の髪留めを作ったり、インテリア雑誌に目を通したりと、 いろんなことをして、自分時間を持っています。
締めくくりは肌のケア。 パースはワイルドフラワーの宝庫で、 一年中様々な種類の花粉が飛散してる上に、乾燥地で肌が荒れやすいです。 夜更かしが一番良くないんだろうけど、どうしてもそこが甘くなる自分😞


デスクにそういったほったらかしのアイテムがあり、 今朝は、それが偶然雑誌のワンページのようになっていました😊 むろん私の愛用の品は、本物の雑誌で紹介してるような高級品じゃないですが。。。

グルテンフリーピッツア

子供が生まれてから、なんの抵抗もなく、 グルテンフリーがメインの食生活に変わった我が家です。

今日はピッツアを焼きました。 もちろんグルテンフリーにするため、今までは自分で粉から合わせて作ってたのですが、 これがとにかく難しくて、失敗して、冷や汗ばかりかいてきたので、今日は初めから合わせてあるピッツア粉を使ったら、無難に美味しいのができました。



ところが、オシャレなボトルに惹かれて買ったピッツアソースが辛〜い。色がなんか唐辛子色してるなぁと思ったら!原材料には表示されてないのが悔しい!
でも驚いたことに、娘はまだ2才だけど、唐辛子の辛さがオッケーでした😅 食べ物に敏感な息子は「口の中がスィート。甘いよ!」というので、一体何を言ってるんだろう??と思ったら、”辛い”と言いたかったらしいです💦
でもまぁ、スーパーで売ってるピッツアソースより、大人の口には何倍も美味しいです。先日ハムを買いに行ったThe Re Storeには、本当におしゃれな食べ物雑貨(?)が多いので、店の中で寝泊まりできます、私😆 
イタリアのカラブリア州で作られたソースなんですが、今調べたら、カラブリア料理は唐辛子を使うのが特徴だとか。そこでは当たり前のように使われるから、原材料の唐辛子は表示しなくてもよいということなんでしょうが、オーストラリアではこんなことあり得ません。いい加減とも捉えられるけど、美味しいものを作るイタリア人ならではの感覚だと思いました。




愛用の鉄フライパン

7ヶ月前に買ったデバイヤーの鉄フライパン、 劇的ビフォー&アフター!

昨日、フライパンを洗った後、いつものようにコンロにかけて水気を飛ばしてたら、 火を消すのをすっかり忘れていて、洗濯物を干しに数分(いや、数十分😱)放置してしまった。 部屋中が、暖炉で火を焚いたみたいに熱気でムンムンしてるのに、テーブルで平気な顔をして、旦那が朝ご飯を食べている。。。こりゃぁー、どちらも理解に苦しむ行動ですな😅 火事にならなくてよかった〜。

でもこれがきっかけで、劇的にうちのフライパンがノンスティック(こびりつかない)に変化! おとついまでは、まだ薄切り肉などはこびりついてたのが、今日からベーコンもするっと剥がれるように。洗うのも俄然、楽。 鉄フライパンの特性は、黒くなるほど、こびりつかなくなる。初めの油慣らしの時間が足らなかったのだろうか??偶然だったけど、これで早く黒くするコツがわかりやした😆
使い慣らすのに時間はかかるけど、鉄フライパンでの料理はおもった以上に美味しくて、楽しい。なによりも、これがあるキッチンの光景がとても好き。
料理が済んだら全部の調理器具はしまうけど、このフライパンだけはいつでも出してある。普段こんなに重いもの使ってるんだから、めんどくさいって言葉はわたしの辞書にはない。わたしは手料理で、家族に幸せと健康を運ぶってこと、いつでも思い出させてくれる。

ハム&ターキーのサラダ

もともと去年のクリスマスの残りものを集めて作った即席のサラダでしたが、 今はわざわざ材料を買いに行って作るほど、旦那も私も大好きなサラダです。
イタリア風デリのThe Re Storeでは、その場で好きなものを選んで切ってもらうスタイル。ハムやソーセージなどの加工肉とチーズの品揃えが圧倒的です。
平日の昼間でも行列ができるほどの人気のお店ということを、私は店に入って初めて知ったのですが、入る以前から、外から見て”このお店にはおいしいものがありそう”と車の中でよく旦那に言っていました。正解でした。 カウンター内にいるおばさんたちも年季の入った人たちばかり。お年を少々召してはいるけど、お店に一味も二味も加える看板娘です😊
2度目に行った時はあまりのお客さんの数で断念しましたが、3度目は、4時頃に行くとそんなに並ばず買えました。隣で、スタイリッシュなイタリアの男が、ハム100枚、なになに100枚と、何百枚単位でものすごい数を頼んでたのにはびっくりしました👀

The Re Store 231 Oxford St Leederville WA




タイムトラベル

もし、タイムトラベルできるとしたら??



私は古き良き時代のロンドンに行きたい!よく見たら、みんなそれなりに正装している😮 写真は40〜50年代のらしいけど、街としては、今と変わらず、タクシーもバスも信号もあって、じゅうぶん機能しているように見える。


タバコの煙を吹かしながら、人の間を縫って行く。
レストランでも、カフェでも、バーでも、煙でモクモク。

欧米で、当時かっこいいとされたタバコが、いまでは健康を害する理由から、やめるよう推進され、時にはエチケットに反するとさえ言われるようになっていく。 タバコに限らず、いまはそういった昔とは反対の動きがある。良いか悪いかは知らないけど。。。


タバコの煙に巻かれない今の方が、私の体には合ってるけど 確かに、その時代独特の雰囲気には、人間味があった。
今はとにかくどこでも、監視カメラがある時代。
ほとんどの人は犯罪者ではない。なのに”自由”は、もうない。



私が知ってる80年代の大阪も、雑然とした街。 ロンドンみたいにセンスがいいとは言えないけど、
おもちゃ箱をひっくり返したような、
むちゃくちゃさだけが、懐かしい。






便利な時代に生きていて、 どうしてそんなに悩むことがあるんだ?





自由は、いつか勝ち取らなきゃいけない と、わかったから。



魅力を引き出す究極の赤

NARS Get Real Lip & Eye Set Limited Edition

間違いなく、私が今まで使った赤い口紅の中で、いちばんおしゃれな色! 褐色の私の肌をくすませることなく、 逆に透明感を出してくれる、優秀なダークレッド。
もっと本当は明るい赤の方が似合うのですが、 そんなこと、この際どっちでもいい👄

そういえば、先日、つい最近記事にしたあのドレスを試着しに行ったのですが、どれも柄の入り方が気に入らず、その後も何店舗か回ってみたのですが、結局スパッとあきらめて、買わないことにしました。つまり、モデルが着てたあのドレスは、広告用に縫製された一枚ではないかと。。。
その使わなかった250ドルで、上の口紅とマスカラのセット、MACの口紅一本、それからクリスマスに壊してしまったハンドミキサーも、さらにグレードの高いものに買い換えることができました。そして50ドルもセーブ👍



気に入ってる服は着まわして、メイクだけ変えても、かなりのイメージチェンジになります。
毎日、母親業をしていて、ふとストレスを感じた時にやつれたようになってしまうけど、モードで都会的な雰囲気を醸し出す赤で、(気分だけでも)盛り返したい気持ちです。



ミランダ カー (オーストラリア)



ナオミ ワッツ (オーストラリア)



ティア ディレイニー (オーストラリア/パース)



テイラー スウィフト (アメリカ)



ディタ フォン ティース (アメリカ)



グレース ケリー (アメリカ)


ゆるりと行こう2017年

2017年、あけましておめでとうございます。

家から車で10分ほど走らせたところに、このようなビーチが広がっています。 今日1月2日、思った通り、たくさんの人(一応パースでは😁)が、 ビーチで思い思いのお正月を楽しんでいました。
私は滅多に海へ行くことはなく、つくづく自分はシティーガールだなと思います。 大阪に住んでた時、夏休みになると海へ行きたい衝動にかられたものですが、 こうして長い間、海沿いの街に住んでると、逆にほとんど行こうとしません😛 沖縄県民が、海に入らないのと同じですね。友人がそう言ってました。




聞こえは悪いけど、新年、心新たに!大きな目標を掲げることはなく、 今まで通り、地道に毎日を過ごすつもりです。

私は、今、自分の人生の中で、最も大切な役割を担っていると感じています。 それは世間で名をはせることよりも、 社会に出て、自らのアイデンティティーを確認することよりも、 私や子供達にとって、もっと意義のあること。
私の腕の中に、せめて子供達がすっぽりと収まっている間だけは、 とにかく、怪我や病気などをすることのないように努めるのが、 今の私の役目だと思っています。 目標があるとすれば、それくらい。


これを読んでくださってる人の中で、 もし、向かう目的地も、目標もない人がいるなら、それでいいと思います。 そんなもの持たなければいけないルールなんてありません。 自分の周りをみてください。自分のポジションを知ってください。 もっと大切なものが見えてくるかもしれません。
次々とハードルを越えて目標を高めていく人は、もちろん素晴らしいですが、 そうでない人も素晴らしいです。生きてるだけで素晴らしい。 だって毎日が、高さ違いのハードルじゃないですか。

その日その日を、思うままに描いていきましょう!その代わり、明るくです。 何年後かに全部を繋げたら、一つの形ある絵になってるかもしれませんよ😃



こんな拙いブログですが、今年もよろしくおねがいします。